転職を失敗させるコンサルタントたち | 看護師転職のための求人検索、お悩み相談ならおたんこナース

掲載求人数004233件 / お悩み相談件数000071だなっす!
ログイン
転職のプロがコッソリ教えるおたんこなマル秘話

CASE10 転職を失敗させるコンサルタントたち

何も知らない新人コンサルタントだった

あせっているエージェントのイラスト

『転職相談をした時に、初めてのエリアだったので何も情報がなく、転職コンサルタントと言われる仲介会社の人に頼りっぱなしでした。

担当のコンサルタントの方は1つの病院を教えてくれましたが、「他にも病院があるか?電車通勤の場合、どのようなルートを使うことになるのか?病院の雰囲気や働き方はどうか?」など、オススメをしてくれた理由や、その他の情報を聞きたかったのですが、どれも調べてみます!と言うだけで、詳しく教えてもらえませんでした。

他の病院の情報をくれるわけでもなく、結局は時期が差し迫りオススメされた1つの病院を受けました。曖昧な気持ちのまま、入職を決めたものの、今ではもっとしっかり調べておけば良かった…と後悔しています。

病院や周辺状況を知らないのは、仕方のないことかもしれませんが、コンサルタントならもっと調べる努力をしてもらいたかったです。』

コンサルタントと合わなければ、担当者以外が対応してくれるカスタマーセンターなどに連絡をして、担当を変えてもらうことも一つの手段です。せっかくの転職活動なので、気持ち良く進めていきましょう!

私のことはそっちのけで電話対応

スマホをいじる人

『私の担当のコンサルタントの方は、電話の時点で少し性格やペースが合わないのかな?と思っていました。

実際に面談前に会って二人でお話をしていると、ちょっと1本電話してきます!と言い残し、席を外すこと約15分。やっと戻って来たかと思ったら、またすぐに電話。結局、私と話している時間よりも、電話をしている時間の方が多かったです。

面談前に一緒に対策を練りませんか?など言っておきながら、一体どういうつもりなんでしょう?ずっと感じていた不信感がますます強くなったので、その会社から転職をすることはやめました。』

コンサルタントとの相性は大切です。お会いしている時に電話があることは、稀にありますが、一番大切なのは目の前にいる方のサポートですよね。

現役コンサルタント X氏 イメージ写真

<経歴紹介>

大手看護師転職企業の現役コンサルタント歴7年
500人以上のナースの転職をサポートし、現在も活躍中。

本職には内緒のため、名前と顔は公表できないが、数々の実体験を今回「おたんこナース」のためだけに語ってくれた。
東京都在住29歳。好きな食べ物はイチジクと焼きハマグリ。

THE 履歴書編
CASE4
“神話”です、短期間での転職は隠した方が良い?
CASE5
志望動機は書かなくても大丈夫?!
THE 退職交渉編
CASE6
退職交渉は、難航するがキホン
THE 入職前編
CASE7
入職前の振る舞いも重要