“神話”です、短期間での転職は隠した方が良い? | 看護師転職のための求人検索、お悩み相談ならおたんこナース

掲載求人数004233件 / お悩み相談件数000070だなっす!
ログイン
転職のプロがコッソリ教えるおたんこなマル秘話

CASE4 “神話”です、短期間での転職は隠した方が良い?

半年での転職は当たり前

インターネットをする女性

超売り手市場と言っても良い、看護師の転職市場。そのため、転職歴が粗い方は多々いらっしゃいます。

私の感覚だと、『ちょっとコンビニに行ってくる』みたいなノリで、『じゃ、ちょっと転職しちゃおっかな~』なんて感じを受ける方もいます。半年や1年で退職をすることが、当たり前のようになってる方もいます。しかも、1~2ヶ月で転職をしてしまった場合は、履歴書の職歴欄に書かなくてもいい!なんて、神話が看護師さんの間ではあるようで…。

下記のように、勝手な説がたくさんあります。

この職歴は人生の汚点なので・・・

履歴書とペン

『ドクターに転職を相談したら、1ヶ月しか勤めていないなら書かなくて良いよって言われたので、今の職歴は書きません!』
『看護協会でも短期間の就業は履歴書に書かない方が転職しやすいから、職歴には書かない方が良いって、案内してるみたいですよ。』

挙句の果てには、 『ここは人生の汚点なんで、書きたくないから書かなくても良いですよね?聞かれても答えたくないし。』 だそうです…。

履歴書ってそういうものじゃないですよっ!!

職歴詐称で懲戒解雇の可能性も

散ってしまった桜

そもそも履歴書の職歴欄は、書いた分だけ経験加算になります。書かないことは、経験加算をしなくて良いと言っているようなものです。それに!1ヶ月だろうと、10日だろうと、職歴は職歴。職歴に書かないことは、はっきり申し上げて”職歴詐称”。

バレてしまうケースは少ないのですが、万が一、バレてしまった時にどうなると思いますか? 懲戒解雇事由になってしまうケースもあります!

職歴を書かないことは、非常に危険な行為です。短期間就業での職歴なら書かないで良いなんて話は、ホントに神話です。

現役コンサルタント X氏 イメージ写真

<経歴紹介>

大手看護師転職企業の現役コンサルタント歴7年
500人以上のナースの転職をサポートし、現在も活躍中。

本職には内緒のため、名前と顔は公表できないが、数々の実体験を今回「おたんこナース」のためだけに語ってくれた。
東京都在住29歳。好きな食べ物はイチジクと焼きハマグリ。

THE 履歴書編
CASE4
“神話”です、短期間での転職は隠した方が良い?
CASE5
志望動機は書かなくても大丈夫?!
THE 退職交渉編
CASE6
退職交渉は、難航するがキホン
THE 入職前編
CASE7
入職前の振る舞いも重要