入職前の振る舞いも重要 | 看護師転職のための求人検索、お悩み相談ならおたんこナース

掲載求人数004233件 / お悩み相談件数000070だなっす!
ログイン
転職のプロがコッソリ教えるおたんこなマル秘話

CASE7 入職前の振る舞いも重要

入職日を勝手に変更してはいけません!

バツじるしをつくる女性

入職日とは、この日からであれば転職先の病院に入職ができると約束をする日。 一度、入職日が決まったら、病院は新しいスタッフを受け入れるまでの準備を整えていきます。

健康診断の日程、新しい制服の発注、受け入れるためのスタッフのシフトなど、伴うコストはタダではありません。そうとも知らずに、『看護部長が会ってくれなくて、退職交渉を進められなかったので』『すごく引き止められて、申し訳なくなって1ヶ月だけ在籍を延長しました』などと、悪びれもなく言う行為は完全にアウトです!

病院側にとっては、約束を守れない人、職場に迷惑をかける人と思われ、新しい職場のスタッフにも悪い印象しか持たれません。結果的に自分にも火の粉が降ってきますし、社会人として絶対に入職日は守るように意識しましょう。

健診での態度で内定取り消し?

看護師と話す女性

入職日が決まると、入職前の健康診断をする病院が多いですよね。健康診断は、入職先の病院で受けることになりますが、健診の時の服装があまりにも奇抜!健診の時の対応があまりにも雑!健診の時の注文が多すぎる!など、健康診断での対応は現場のスタッフに見られているものです。

現場から『あの人を採用するなんて、どうかと思いますよ』なんて話が上に伝わってしまい、入職で揉めたケースも実際にあります。入職前の健診も気を抜かずに、面接だと思って伺いましょう。

入職前のコミュニケーションでその後が楽になる

咲き始めの一輪の花

無事内定をもらったからと言って、病院や在籍のスタッフと気安く接することはNGです。転職先の病院側からすると、まだ入職前なので『お客さん』として考えています。そこでもしっかりと自分を売り込んでいくことで、入職の日のイメージもアップします。

入職日を勝手に変更なんて、言語道断!しっかりと約束を守り、良い印象で入職日を迎えると、入職後の人間関係も違ってきます。コミュニケーションを上手に取ることで、入職月のシフトの融通や受け入れ体制などが変わります。安定して仕事ができるようになるまで、気を抜かずに進めてください。

現役コンサルタント X氏 イメージ写真

<経歴紹介>

大手看護師転職企業の現役コンサルタント歴7年
500人以上のナースの転職をサポートし、現在も活躍中。

本職には内緒のため、名前と顔は公表できないが、数々の実体験を今回「おたんこナース」のためだけに語ってくれた。
東京都在住29歳。好きな食べ物はイチジクと焼きハマグリ。

THE 履歴書編
CASE4
“神話”です、短期間での転職は隠した方が良い?
CASE5
志望動機は書かなくても大丈夫?!
THE 退職交渉編
CASE6
退職交渉は、難航するがキホン
THE 入職前編
CASE7
入職前の振る舞いも重要