診療科勤務形態毎の働き方 | 看護師転職のための求人検索、お悩み相談ならおたんこナース

掲載求人数004233件 / お悩み相談件数000070だなっす!
ログイン
あなたが重視したいポイントは?

プロが診断!!働きやすさで比較

★★★★★ BEST
★★ no-good
現役コンサルタントから一言

働きやすさにおいて人間関係は重要ですが、病院に属する職場(病棟、オペ室、病院外来、透析)などは看護職員が多く人間関係も複雑になる一方、同職種がいる安心感の中で仕事をすることが可能です。子育て中の方には、休みやすい職場も重要だと思いますが、託児所付き求人や看護師の人数が多く考慮してもらえる職場が良いでしょう。一方で、クリニックの外来やデイサービスなどはナースの人数が少ないため、お休みは取りにくいですが、人間関係があまり複雑ではなく、お互いの顔も見える環境で慣れるまでの時間が比較的短い職場と言えます。

プロが診断!!やりがいで比較

★★★★★ BEST
★★ no-good
現役コンサルタントから一言

医療現場における看護師さんの一般的な役割は医療介助となります。そういった意味では、病棟やオペ室は医療処置が多く手技も身につきます。一方で、介護系の業務では、医療処置も必要最低限な利用者も多く、介護的な業務が増えます。介護系のお仕事も看護の一部ではありますが、医療行為をやりがいと捉えると、やや物足りないと思われがちです。訪問看護は、看護師が1名で訪問するケースが多いため、看護師の判断が重要とされ責任もありますが、利用者のために使える時間が長く、やりがいのある仕事だと言われています。

プロが診断!!お給料の高さで比較

★★★★★ BEST
★★ no-good
★ danger
現役コンサルタントから一言

給与を高くするには、夜勤を行うかどうか?が最も重要です。したがって、夜勤がある病棟や救急外来系の仕事は必然的に給与が高くなります。夜勤専従で働くと、月の夜勤手当も6万円以上になり魅力的です。日勤のみで給与が高いケースは、透析、訪問看護、美容クリニックなど、土日出勤や終業時間が遅い働き方が主となります。給与の高さと働き方には密接な関係があるので、希望の働き方を考えた中での給与ベースを考えていくと良いでしょう。

プロが診断!!残業の少なさで比較

★★★★★ BEST
★★ no-good
★ danger
現役コンサルタントから一言

急性期色が強い病院や診療科では、急変対応が必要となり、人手が足りないと業務が回らないため、必然的に時間外業務が多くなります。一般的には、急性期の大学病院や病棟では、心臓外科、循環器科、脳神経外科などが該当します。逆に高齢者の多い内科病棟や精神科、デイサービスなどは時間を軸に業務が進むところが多く、残業が少ない環境です。しかし、介護施設でも老人ホームなどは人数配置が少ないので、施設によっては看護師の対応する業務が多く、残業が発生する職場もあります。

プロが診断!!求人数で比較

★★★★★ BEST
★★ no-good
★ danger
現役コンサルタントから一言

一般的な診療科(外科系、内科系)は、ほとんどの病院に病棟があり探しやすいので、自宅の近く、給与、休みなど、複数の条件を絡めて探しても求人数は多いと言えます。日勤のみの制度がある病院も増えて来ましたが、その反面、夜勤専従常勤の雇用形態が用意されている病院は全体の1割にも満たない状況です。大学病院や公立病院も、年に1度、新卒を含めた定期採用を行っているので、通年での求人は少ないと言えます。ここ数年で、飛躍的に増えている職場は、在宅医療や介護現場です。経験がなくても受け入れ可能な施設も多いので、高齢者医療や在宅医療に興味がある方は、求人を探してみることをオススメします。

プロが診断!!キャリアアップで比較

★★★★★ BEST
★★★★ good
★ danger
現役コンサルタントから一言

どのようなキャリアを積んでいきたいか?によって、選ぶ職場は異なります。臨床経験でキャリアを積みたい方や管理者などを目指したい方には、病院での勤務をオススメします。また、認定看護師などプラスアルファの資格は病院、透析、訪問看護でも支援している職場があります。キャリアアップの支援を受けたい方は資格取得支援制度を確認すると良いでしょう。

プロが診断!!医療事故リスクの少なさで比較

★★★★ good
★★ no-good
現役コンサルタントから一言

医療行為が多いほど、医療事故のリスクが高まることは仕方がなく、急性期病棟やオペ室などで、ヒヤリハットの心当たりがある方も多いかもしれません。療養病棟や介護施設などは、違った意味での事故リスクはありますが、インシデントで扱われたりするところも多いでしょう。クリニックの外来などは、軽度な患者さんも多いため、医療事故リスクは比較的低いと言えます。ただし、同じ外来業務でも、美容外科などは医療サービスなので、医療事故リスクよりは、クレーム対応をしなければならないこともあります。