内科 | 診療科目で探す | 看護師転職のための求人検索、お悩み相談ならおたんこナース

掲載求人数004233件 / お悩み相談件数000070だなっす!
ログイン

働き方で探す 内科で働きたい方への特設ページ!

内科で働く特徴は?

働きやすさ ★★★
やりがい ★★★★★
お給料の高さ ★★★★
残業の少なさ ★★★★
求人数 ★★★★★
キャリアアップ ★★★★★
医療事故の少なさ ★★★★
内科のチャートグラフ
内科の求人を見る

プロが教える!内科に向いてる人、いない人

向いてるタイプ 患者さんとじっくりと関わりたい

点滴を確認するナース内科の診療科は様々ありますが、大きな括りとして内科とは薬などを利用し、体の内部から治癒を目指す科を指しています。同じ疾患でも、内科的治療、外科的治療と分かれるので、様々な疾患を看ることができるのは、内科も外科も変わりません。ただ、内科の治療は服薬や放射線などの治療が多いので、外科よりも治療が長期化することも多く、そのため、1人の患者さんと長く関わることができます。慌ただしく色々な疾患の患者さんを看るよりは、長く付き合っていきたい方に向いています。

せっかちなタイプの方

内科は、継続的な看護が求められることが多く、一方、外科はその日その日で変化があるので、その場で判断をしながら進めていきたい方に向いています。せっかちな性格の方や、その場でハッキリ白黒を付けたい性格の方は、内科の長期間の治療方針に少しもどかしさを感じるときもあるでしょう。

内科の転職失敗あるある

「どんな症状でも受け入れるので、大忙し」

31歳 女性のケース

漫画今までは大学病院の腎内科で働いてきました。専門的である反面、つぶしが利かなくなるような気がして、一般病院の内科病棟に転職しました。今の病棟は、内科病棟と外科病棟しかないのですが…内科病棟では耳鼻科、眼科の患者さんの他に、外科病棟がうまっていると、婦人科の患者さんも受け入れることがあります。まさに、何でも病棟という感じなんです。もちろん、色々な症例を見られるという意味では勉強になりますが、看護師がギリギリの中でやっているので、すごく大変です。

転職のプロからのアドバイス

「内科で何を看たいか?」

大学病院や公的病院の病棟編成は、内科1つとっても消化器、血液内科、腎内科、一般内科などなど…細かく分けられているケースが多いです。一方、急性期病院といっても100床以下の病院では内科病棟の中で、標榜の診療科をすべて対応しています。自分がどんな知識を学びたいかによって、同じ内科でも各病院の強みがあるので、転職の際にはどんな患者様が多いか確認しましょう。また救急指定の有無によっても、大きく忙しさは変わります。

「ゆったりと流れる時間が自分に合わない」

36歳 女性のケース

今まで忙しい環境で仕事をしてきたので、少し落ち着いた環境で残業も少なく仕事をしたいと考え、内科病棟に転職しました。前職場の外科病棟とは異なり、服薬等での治療となるため目に見えての改善がないことに、少し物足りなさを感じています。また、入院期間も長く、ゆったりと看護を行うことが良しとされる病棟なだけに、せっかちな私にはスピード感が合わないと感じています。

転職のプロからのアドバイス

「小さい変化を気づく」

大きな変化が少ない代わりに、日々の小さな変化に気づいてあげることが内科病棟での大切なポイントです。長期間の入院になると、患者さんと馴れ合いの関係になりがちですが、毎日のコミュニケーションの中で、いち早く小さな変化に気づいてあげるフィジカルアセスメントを学ぶことができるのは、内科ならでは!ですね。

「介護っぽい雰囲気で若い方の定着が悪い」

45歳 女性のケース

一般内科の混合病棟ですが、うちの病院は救急指定がありません。緊急入院などはなく、慢性期の患者さんが多く入院しているので、療養の病院と変わらない雰囲気です。高齢者の方が多いので、体位交換や、おむつ交換をはじめ、介護的な仕事もあるため、腰を痛める同僚も多く、体力に自信がある方には良いかもしれません。しかし、スタッフの年齢層が高く、まったりしすぎた雰囲気のため、若い方は違和感を覚えるようで、入職をしても定着しません。

転職のプロからのアドバイス

「ゆったりした看護をしたい方へ」

オペや検査でバタバタしている外科とは異なり、内科病棟は比較的ゆったりとした環境です。また療養病棟も診療科は内科になるので、一般病棟よりも更に高齢者の方が多く、毎日ルーティンワーク的な仕事も増えます。徐々に落ちていってしまうADLを少しでも改善し、より快適な入院環境を作ってあげられるような看護をするために、長期間に渡ってコミュニケーションを図りたい方にはオススメです。

内科のこんな求人がオススメ!

「救急指定でタイプを見分けよう」

笑顔の女性看護師内科病棟と一言で言っても、様々です。救急指定がある病院や、障害者病棟など、急性期の度合いは大きく異なります。また、療養病棟も内科に区分されるため、非常に落ち着いた環境で看護を行うことができます。

自分がどのような看護をしたいか?で、病棟を選んでいくことが大切です。

内科の求人を見る