老人ホーム | 業種・施設で探す | 看護師転職のための求人検索、お悩み相談ならおたんこナース

掲載求人数004233件 / お悩み相談件数000070だなっす!
ログイン

業種・施設で探す 老人ホームで働きたい方への特設ページ!

老人ホームで働く特徴は?

働きやすさ ★★★
やりがい ★★★
お給料の高さ ★★★★
残業の少なさ ★★★
求人数 ★★★★★
キャリアアップ ★★★★★
医療事故の少なさ ★★
老人ホームのチャートグラフ
老人ホームの求人を見る

プロが教える!老人ホームに向いてる人、いない人

向いてるタイプ 高齢者、在宅医療に興味がある方

お年寄りを世話する介護士老人ホームとは、いわゆる有料老人ホームのことで、入居金・月額利用費を全額自費で負担いただいた利用者が入居する介護施設を指します。有料老人ホームも、各社様々な売り出しポイントがあり、医療従事者が日勤帯に常在していることは当たり前となっており、24時間看護師常在や、ドクターが24時間常在の施設もあります。看護師の行う医療行為は、インシュリン注射や胃ろうや褥瘡の処置を行う程度で、あとは服薬管理、健康管理、医療機関への付き添いなどが主な仕事となります。在宅医療や健康管理業務に興味がある方にオススメです。

医療行為を行い、技術を磨きたい!

老人ホームでは、健康管理のお仕事がメインになります。看護師しか常在していない介護施設では、医療行為の範疇が病院とは大きく異なり、病院での臨床経験を活かし、咄嗟の判断を行うことが大切ですが、何か起きた時には病院へ搬送することになるので、もどかしい気持ちも出てくることでしょう。医療技術を磨きたい、看護師資格を医療現場で活かしたいという方には、あまりオススメできません。

老人ホームの転職失敗あるある

「何もできずに病院へ搬送しないといけない」

36歳 女性のケース

漫画今までずっと病棟で勤務してきて、少しゆとりを持ちたいと思い、有料老人ホームに転職しました。最初は、利用者の希望を叶えてあげられる職場に魅力を感じていましたが、しばらく働くうちに慣れが生じ、どうしても物足りなさを感じてしまっています。病棟だったらスグにできる処置でも、施設内では何もできなくて、そのまま病院に搬送するなんて…すごくもどかしい気分です。それに、今のままでは技術も衰えてしまいそうで、その点も不安です。

転職のプロからのアドバイス

「ゆったり=医療行為少なめ」

ゆったりと働きたいと言うことは、医療行為の量が少なく、急変対応なども少ないと言うことになります。ゆったりすればするほど、今まで医療現場でバリバリと働いていた方には、物足りなさを感じてしまうことでしょう。介護施設は在宅と言う概念なので、在宅医療で必要最低限の医療行為を行い、利用者の満足度が高まる生活をサポートすると考えましょう。

「1人勤務なので不安だし、辞められない!」

43歳 女性のケース

初めて老人ホームで勤務しました。今までが老健施設だったので、同じようなもの?だと思っていたら、大きな間違いでした。常勤ナースが2名しかおらず、シフトで休みを取ると、週の半分は看護師が1名体制です。往診の日は2名入るようになっているものの、他の日は私だけなので、とても不安を感じます。状態の悪い方がいる時などは、常に不安な気持ちと緊張から、とても疲れてしまいます。他の施設に移ろうと考えているのですが、私が退職してしまうと人がいなくなってしまうので、辞めたくてもなかなか辞められません。

転職のプロからのアドバイス

「大きい施設だと複数看護師のことも」

有料老人ホームの看護師配置の人数は、定員30名に対して1名というケースが多いので、小規模でアットホームな環境をウリにしている施設ほど、看護師が少ない現状です。メインで働く介護施設の中に、同職種の人がいる心強さってありますよね。何か相談したくても、自分しかいないと不安になることでしょう。規模の大きめの施設では、看護師が複数名在籍しているので、希望をされる際には、この点も参考にしてみてください!

老人ホームのこんな求人がオススメ!

「稼ぎたい方は夜勤やオンコール有りの求人がお勧め」

車いす老人と介護士有料老人老人ホームの約9割は、日勤のみの勤務になります。つまり、日勤常勤です。夜間帯のオンコールに関しては、看護師が対応する施設と、施設長が対応する施設と分かれます。また、看護師も夜勤を行う施設が徐々に増えています。有料老人ホーム勤務でも稼ぎたい!と思う方は、夜勤やオンコールのある施設を選択されると良いでしょう。大手の有料老人ホームでは、臨床経験が浅い方や、ブランクがある方向けに勉強会や研修を本部でしっかりと行っています。ブランクがあるから、と諦めずに会社の受け入れ体制を聞いてみましょう。

老人ホームの求人を見る