訪問看護 | 担当業務で探す | 看護師転職のための求人検索、お悩み相談ならおたんこナース

掲載求人数004233件 / お悩み相談件数000070だなっす!
ログイン

担当業務で探す 訪問看護で働きたい方への特設ページ!

訪問看護で働く特徴は?

働きやすさ ★★★★
やりがい ★★★★★
お給料の高さ ★★★★
残業の少なさ ★★
求人数 ★★★★
キャリアアップ ★★★★
医療事故の少なさ ★★
訪問看護のチャートグラフ
訪問看護の求人を見る

プロが教える!訪問看護に向いてる人、いない人

向いてるタイプ ベッドサイドの看護を大切にしたい方

お年寄りと会話する女性訪問看護は、患者さん個人のお宅に訪問し、医師からの指示の下に医療処置を行います。在宅で過ごしたい患者さん自身の思いや、家族の思いを支える、貴重な仕事です。ベッドサイドの看護とよく言いますが、病院だと目の前の業務に追われ、なかなかベッドサイドに伺えないことも多いですよね?それに、多くの患者さんを抱える中で、1人の患者さんに割ける時間はごくわずか。思ったような看護が提供できていない…そんな悩みを抱える方には、訪問看護をオススメします。30分、60分、90分の利用時間の中で、1人の患者さんのことだけを考えることができ、最善の対応ができます。やりがいを感じられる仕事ではないでしょうか?

向いてない人 臨床経験が浅い方

近年は、訪問看護も新卒の採用を行っているステーションが増えてきました。しかし、訪問看護は医師と同行する往診業務と異なり、看護師1名で患者さんの元へ伺うことになります。もちろん、医師の指示の下ではあるものの、急変時の対応や判断を行うのは、看護師本人になります。また、家族とのコミュニケーションも含め、ある程度の臨床経験がある方の方が、上手な対応ができると言われています。

訪問看護の転職失敗あるある

「オンコールが多い」

46歳 女性のケース

メモをとる看護師今のステーションでは、夜間は交代でオンコール対応をします。看護師が3名なので、1ヶ月でオンコールを持つのは10日程度。でも、重症な患者さんが多く、オンコールが頻回に鳴ります。最初の話だと、オンコールは電話で対応ができることがほとんど、と聞いていたのですが、徐々に重症度が増してきたため、今ではオンコール対応からの駆けつけが増え、とてもじゃないけど体力が持ちません…。

転職のプロからのアドバイス

「オンコールなしの求人も!」

訪問看護は、基本的に日勤のみのお仕事になります。夜間帯はオンコールの拠点が多いのですが、なかには夜間帯の対応がないステーションもあります。また、オンコールはあるものの、所長や管理者がすべて対応するため、スタッフのオンコールがないステーションもあります。また、オンコールがほとんど鳴らないステーション、駆けつけがほとんどないステーションなど、詳細を確認してみると、オンコールの内容も本当に様々です。オンコールなしのステーションだと給与が低くなる…と思っている方は、オンコールがあっても持ち回り回数が少ない、オンコールの呼び出しが少ない、など、詳細を把握しながらステーションを探してみるのも良いでしょう。

「自転車での訪問がきつい!」

40歳 女性のケース

都内の訪問看護に勤めています。私の勤めている施設の周りは住宅街で、訪問看護のニーズもとても多く、忙しい日は1日6~7件回ることも少なくありません。近場で組んで回っていくものの、それでも坂の多い街なので電動自転車を使っても、移動が本当に大変です。訪問看護自体の業務は嫌いではありませんが、6件くらい回ることになると体力が必要になります。もう少し若い頃にやっておけばよかったなって思っています。

転職のプロからのアドバイス

「都内では電動自転車移動がメイン」

都内は駐車場が高かったり、駐車スペースも少ないことから、訪問の際に利用する移動手段として、電動自転車を使うことが一般的です。立地環境にもよりますが、坂の多い街だと、とても辛いですよね…。郊外エリアのステーションは、都内よりも広い範囲(10km圏内くらい)を訪問のエリアとしているので、移動に自動車を使うこともあります。その際は、社用車で回ることになるので、普通自動車免許が必要なステーションも少なくありません。また、地方の訪問看護ステーションでは、自前の車を持込みとしている施設もあります!エリアによって、移動手段は大きく異なるので、それについても事前に確認をしておきましょう。

訪問看護のこんな求人がオススメ!

「土日祝のお仕事が可能」

リラックスする女性訪問看護ステーションの多くは、土日祝を休みとしています。更にオンコールなしの施設であれば、夢の土日祝休みの日勤常勤として働くことも可能です!これは嬉しいですよね!訪問看護にあまり良い印象を持っていなくても、しっかり先輩に教えてもらって、徐々に自分1人で回れるようになってみると、やりがいの大きさと、働きやすさを感じることでしょう。患者さんの元では、介護的な業務も発生するので、ケアも看護と思い、取り組まれる方にはオススメです。訪問件数のベースが決まっており、プラスして回った方には歩合制としているステーションもあります。そのような施設は、訪問件数に応じて給与がアップしていくので、高額を稼ぐ看護師もいます。

訪問看護の求人を見る